>

国際免許証を取って、外国で運転しよう!

この記事をシェアする

国際免許証とは何なのか

まずは、国際免許証というものについてご説明させていただきます。

国際免許証とは、ご自分が運転免許証を所有している国、あるいは地域以外での場所で車の運転が出来るようにする運転免許証の種類のことを指します。
もちろん、車だけでなく大型バイクなどの二輪車の国際免許証も存在しています。

注意していただきたいのは、事前にご自分の国や地域で運転免許証を取得しておかないと、国際免許証の申請や取得は出来ないということですので、お忘れなく。

また、国際免許証ではなくご自分の国での運転免許証で他の国で運転するのはもちろんNGです。
もしそんなことをしてしまったら、罰金の支払いなどそれ相応の罰が待ってますのでくれぐれもご注意ください。

こんな種別がある

ちなみに、一口に国際免許証と言いましても、状況によって種類も異なるのをご存知でしょうか。

日本の場合は、三種類存在しています。
まずは、日本で運転免許証を取得した日本人が、外国で車の運転をするときに必要な「国外運転免許証」があります。

次の二つの国際免許証ですが、これはどちらも自国の運転免許証を持って来日した外国人に関係する内容です。
そのうちの一つが、「国際運転免許証」です。
これは、外国の運転免許証を元に作られる、日本で運転可能な免許証です。
そしてもう一つが、「外国運転免許証」です。
この免許証は、先の二つの免許証とは一味違います。
外国の免許証はそのままにしておいて、そこに日本語での翻訳文を掲載しているのです。